ポテンシャル重視のIT業界

エンジニアはIT系のスキルを持って仕事ができるようになると、ジョブホッパーになっても差し支えありません。転職の回数が多くなってしまったとしても、IT系のエンジニアは受け入れてもらえることが多いからです。特にITを専門とする企業ではその傾向が強くなっていて、採用活動の際にほとんど転職の回数には目を向けないようになっています。転職では、自分の能力を生かして活躍できる仕事を探すという考え方が芽生えてきているため、転職自体を受け入れているのがIT業界だからでしょう。過去の経歴よりも実力重視での採用を行うようになっているのです。状況として世界的に見ても業界内の競争が激化しているのがIT業界であり、開発でも管理でも有能なエンジニアを獲得するのが大きな課題になっています。

転職を繰り返しているジョブホッパーかどうかを気にかけるよりも、今すぐに現場で活躍できる能力があるか、少し教育を行えば一人前になって働いてくれるポテンシャルがあるかといった点の方が人材を獲得するときに重視しなければならない切実な状況があるのです。他の業界で転職を繰り返してきたジョブホッパーもその経歴を気にすることなく、IT系のエンジニアになることも実力次第では不可能ではありません。あくまで実力重視の世界なので活躍できる能力があることを伝えられなければ採用されにくいのは確かですが、資格の取得や個人での開発経験などを主張すると目をかけてもらえるでしょう。ネガティブに捉えられがちなジョブホッパーですが、経験として身に付けたものが多ければ、高く評価される場合もあります。転職経験の多さをメリットにできるよう、キャリアビルダーとして仕事を選ぶことが大切です。