システム開発に必要なスキル

転職が一般的になったとはいえ、できるだけ自分のスキルを発揮できる職場に転職したいものです。IT企業に転職したいと思ったら、まず気になるのが職種の適性。エンジニアに求められるスキルと自分の経験をうまくアピールしたいところです。複数の企業を移ってきたジョブホッパーが、次にIT企業を目指すとなると、これまでの業務経験と照らし合わせてアピールするのがカギです。システム開発では、お客様の業務に使うシステムを設計するのが仕事です。システム開発の成功に向けて、1つ挙げられるスキルが、論理的思考力です。システムの入出力に整合性が取れるよう、論理的に設計できるスキルが必要です。大規模なシステムになるほど機能が複雑になります。複雑に絡み合った、機能の起動条件や入出力項目を整理して考える力が求められます。これはシステム開発に求められる独特のスキルかもしれませんね。

さらにもう1つが、課題解決能力です。システム開発ではトラブルの発生はつきものです。機能の設計中に、プログラムを作れるか怪しい部分も出てきます。後々、設計漏れが見つかる可能性もあるでしょう。このように、開発中に課題として上がった事項を適切に処理する能力が必要です。課題のゴールを仮定し、他のメンバーを巻き込んで進めていくのが王道パターンです。このスキルはIT企業以外の分野でも重視されています。前職での課題に対して、自分が中心となって舵取りした経験をアピールしてみましょう。